--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年11月02日 (日) | Edit |
本当に自分の家の家計について話すことは、プライバシーの極めである。

・・・でも、いい。
毎月7万円の貯蓄(投資用の種銭)。ボーナス時期には約20万円。
お恥ずかしいながら、正直、楽ではありません^^;

3年前から家計の健全化真剣に進めている。
将来の自分が今時点の自分がどんなキャッシュフロー管理をしていたかを見て、なんと思うことか。今の事情を備忘録にしておきたい。

家計のキャッシュフロー(お金の出入り)を自分が全て管理している。それも3年前から。それまでは、嫁さんが我家の財布の管理をしていた。管理ができないからではなく、その人にはそれぞれ得意分野がある。うちの嫁さんには、「今月○万円でやりくりして」ってお願いすれば、それができる実務タイプの人なんです。だから、3年前に主な役割を変更したんです。

実は、結婚して以来、
自分自身「お小遣い」ということを意識したことが一度もない。

だって、自分がお金を使おうが使わまいが、その結果は全て自分に跳ね返ってくるから。全て自己責任ってわけです。


そんな我家のキャッシュフローの健全化を邪魔し続けている要因が2つあり、その1つが、

クレジットカード管理・・・

我家は、クレジットカード5枚存在。その使い分けについて、まだ決まったルールを見出せない。
というのも、このクレジットカード。。リサーチすればするほど、これって、ほんと個々のその時々のライフスタイルに応じて、結構マメに見直さないと損をする・・・というか、有効なお金の使い方をみすみす逃すことになる。
ここ最近、特に買い物時に現金を払うのがもったいなくて。同じお金でもその利用価値を高めるには、なるべくクレジットカードで買う。さらにクレジットカードについては、より還元率を高める、もしくは、より多くの特典をゲットする等を考えると、どのクレジットカードを、どの時期、どんな方法でどんなこと(用途)に使うかに配慮しなければならない。他の家は、どんな使い方をしているのだろうか。結構、盲点なんじゃないだろうか。


次に、

生保・損保・・・

である。最も、支払額が多く、属人で長らく契約していた生保を近々抜本的に見直す予定である。


今の我家のキャッシュフローを管理できない人間が将来自分の投資ポートフォリオを管理できるとは到底思えないので・・・


テーマ:雑記
ジャンル:ファイナンス
2008年10月19日 (日) | Edit |
メンター、Yさんである。

Yさんのことをどこかで書いておきたかった・・・秘密とするのは、僕と彼の中でお互いの関係性を明確にしたことがないから。でも、僕が投資家・起業家を志すきっかけを作ったのは、彼の存在があったからこそ。

 「Yさんとの出逢いに心の底から感謝」

彼との出逢いが僕の人生を大きく変えたと言っても過言ではない。ところが、彼は今の僕が何を志し、どんな人脈をつくり、どんな努力をしているかも知らない。

彼が僕に話した言葉で今も頭から離れないフレーズがある。

「いずれ、君とはビジネスパートナーになるだろう・・・」

もう、5年前の言葉だ。彼は、どういう人か・・・

**********
彼は、僕が現在務める某通信会社Nの先輩社員。出会いは、僕が入社2年目のことだった。とある同期が「是非会わせたい先輩がいる」と紹介してくれたのがきっかけだった。その人が一味も二味も違う人間だということに気付くのもそう時間はかからなかった。というか、僕は彼と意気投合した。
彼がその当時以降、任されていた仕事内容は、我が社の中でもかなり異色なものだった。
 
 ・全社営業マンの行動特性分析からコアコンピタンスの展開
 ・管理職育成カリキュラム策定と実施
 ・MBA

そんな憧れの先輩は会社を退職したのである。彼は退職後、すぐ僕に話した言葉で印象に残ったのは・・・

 「MBAでできることの限界を知った。」

その真意は、聞いたことがない。
在職中、彼から教わったことは数知れず、どれほどの影響を僕が受けたかは、彼はおそらく認識していないだろう。ところが、僕の人生における大きな影響力を強烈に与えたのは、その退職後からだった。僕が7年前に上京してから、別世界で生きる彼と何度か会ったが、今まで以上に僕に大きな影響力を与えた。内容を書ききれないので退職後の彼を表すキーワードをピックアップしてみた。

 ・「金持ち父さんと貧乏父さん」
 ・一流
 ・夢を追う若き卵への投資
 ・北新地
 ・仮説授業
 ・フランクリン手帳
 ・神田昌典氏
 ・サーフィンバカ
 ・暇
 ・ヘッドハンティングからのライフプランナー
 ・平成の「松下村塾」
 ・チームプレー 等々


そんな彼と昨日メールのやりとりを何度か。その一部を抜粋する。
「~正直、会社辞める前と比べると100倍のびのび人生を生きてる実感あるよ。世の中には素晴らしい人や事や場所に満ち溢れている。それらとの出逢いが、さらなる巡り逢わせをもたらしてくれて心を豊かにしてくれる。。。身の回りに起こる全ての出来事に意味があると思い知らされ感謝せずにはいられないんだ。君に伝えてあげたいことが、いっぱいあるよ^^」

近々、Yさんがこのブログを通して、今の僕を知ることになると思います。もう昔の僕ではない。何かが動き出しそうな予感がする。その日が楽しみなんです。
2008年10月14日 (火) | Edit |
 僕は、経験があります。

その時の感情や思ったことを書いておきたいと思います。
 
 「時間」と「金」の無駄を見つけ排除し、活きた「時間」と「金」に変える努力をしている。

と僕は、過去のブログ書き残しました。
今やるべきこと。(08/10/07)

*********
↓↓↓
僕は、約10年も手放せなくなっていた煙草を断ち切ることができた人間です。やめてから今で3年半が経ちました。なぜ止めれたのか?理由は、いたって単純なんです。

 1)自分に子供ができるから
 2)禁煙セラピー(著者:アレン・カー)を読んだから

1)については、妊婦への間接喫煙の影響と。自分都合の身勝手な行動に極度の嫌悪感を感じたから。
2)については、その当時職場で実験的に流行っていたこの本を試し読みして、完全に洗脳されてしまったから。


私は、煙草の呪縛から解き放たれたこの感動を自分の大切な人に伝えたい。


と思い立ち、その一心で何を思ったのか!?

 父親、兄、弟、職場の上司2人

計5人にアマゾンドットコムで「禁煙セラピー」の本を5冊衝動買いし、自分勝手にそれぞれに配送してしまったのです。無意識に。いくらに出費になるのかも一切考えずに。


結果・・・
 父親。なんと40年吸っていた煙草を止めました。※兄、弟は、一時的な効果はありました^^;
 上司1人。20年吸っていた煙草を止めました。※ご本人は、僕のおかげだとは認めたくはないらしいですが(笑)

 
たった数千円。僕が起こした行動がどれだけの価値を生み出したかは計り知れないです。
その上司とは、職場を離れても部下上司の関係を超え、人間同士の付き合いで今だよくかわいがってもらっています。父親は、僕のことをどう思ったのでしょうかー「おまえがやめたんやったら、俺も・・・」って。本当にやめちゃいました。

このたった5,000円・・・

どれだけの価値を生み出した投資になったことでしょう。
この5,000円が私のために人のために今もなお価値を生み出し続けてくれています。
僕は、この経験からお金との付き合い方について多くのことを学び取りました。

・・・皆さんも活きたお金を是非!!



2008年10月08日 (水) | Edit |
 資本である。

先々週の土曜日の晩、奈良の実家に住む元気な母親が急激な頭痛と激しい嘔吐で救急車で運ばれた。
 
 くも膜下出血だった・・・

明くる朝に緊急開頭手術。術後の経過は順調だが、まだ予断を許さぬ状態・・・

そんな母親が、僕が学生時代だった時、不摂生が絶えないのを見かねて
「体は資本だから大事にしなさいよ」
と口酸っぱく忠告してくれたことをここ毎日のように思い出す。
「早く元気になって声を聞かせてくれ、おかん」


H16年に結婚してからは、毎年人間ドックに行くようにしている。
今年は、血液検査に始まり、胃の内視鏡、大腸の内視鏡、癌チェック、その他諸々の検査をしてもらい、体の健康状態を徹底的にチェックする。

昨年、ドックで診てもらったから安心なんて言ってられない。

若い時に癌をわずらったら進行が早いこと早いこと。一年で命を落とす人だっている。


これからの人生を謳歌するには、体の健康状態のチェックを怠ってはならない。そのためには、自分の健康維持への投資が欠かせない。

<補足>
家族や親戚にくも膜下出血等のような脳卒中をした人がいれば、自分も同じ病気になるリスクが高いので脳ドックを勧める。「遺伝」だそうだ。
癌家系とかよく耳にするが、それは本当のはなし。

テーマ:雑記
ジャンル:ファイナンス
2008年10月07日 (火) | Edit |
 毎日、朝のいつもと変わらぬの満員電車に乗り、職場ではいつもとかわらぬ人間と顔を合わし、パソコンに向かう。そして、最近は日が暮れるのが早く、お昼ご飯が済むとまもなく日が傾きだし、夜になる。で、また戻り電車に乗りいつもと変わらない帰路。気が付けば日が変わっており、何の変哲もない一日が終わる。
 
 この先、何年この生活が続くのか。気が遠くなる。この生活に何も疑問すら持たない人達もいる。サラリーマンたる者は、忍耐力のいる過酷な職業であるとつくづく思う。

そんな日常からいつか抜け出してやる・・・

 そんな日常の中に埋もれ、時には将来の目標を見失いそうになり頭の思考回路が停止してしまいそうにもなるが、そんな状況でも以下のことを忘れないでいる。

  1.家計のキャッシュフローの改善
  2.投資家マインドの醸成
  3.日常生活で活用できるレバレッジ探し

 1.については、自分にチャンスがおとずれた時の投資資金(種銭)の準備であり・・・
 
 2.については、投資家のマインド醸成につながる本と投資手法(不動産や株式等)に関する2種類の本を必ず会社カバン入っている。今後セミナーにも積極的に参加したい。
<本への自分のこだわり>
 ・読む本はその時々の自分の成長過程であるので「借りずに買う」そして「まとめ買い」がモットー。
 ・マインド醸成本で心に残るフレーズは自分の手帳に書きとめアーカイブ化し常に閲覧できるようにしている。
 ・投資手法本か学ぶ新しい知識やノウハウは、自宅PCに「虎の巻」ファイルを作り蓄積している。
 ・一冊1,500円はする自己投資を無駄にはしない。

 
 3.1にもつながるが、「時間」と「金」の無駄を見つけ排除し、活きた「時間」と「金」に変える努力をしている。




何の変哲もない一日を上記の心がけで、将来の布石に変えようと必死なんだと思います。

   
 
テーマ:雑記
ジャンル:ファイナンス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。