--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年04月21日 (水) | Edit |
人事の仕事、人材育成の仕事。

・・・あと2ヶ月ほどで1年になるか。醍醐味を肌で感じることが多くなったかな。




自分が背負っている責任と影響範囲を考える。
どんな責任があるか。若手社員のこれからの行く末、その道を作る。

行く先、まだ見えぬものを今ある事実や実態からその先の可能性を見据え、今この時の判断を促す。というか、方向をしてやる役目。
結果的に成功もあるし、当然そこには、よくない結果をもたらすリスクも十分にあるわけで・・・
また、その結果は、その先に飛び込んでいった本人でしか評価できない。
当たり前ながら僕は、その評価を実感することもできない。つまり、その時の判断の結果を評価測定できないのである。


だから、なお、何を信じて、何を判断基準として決定づけるのか。
そりゃ、時折、不安にもなる。信じるものは、「やはり自分」か・・・
その自分にその役目を任したのは、会社である。だから、

 「どーなっても知らないよー」

なんて、逃げ道も考えてるのも事実かも。
だが、その重み・・・。つまり、それが自分の中の責任となって、ずっしりと・・・

若手社員の人事について、自分の発言をひっくり返す人が少ない。
だって、彼らと接し、彼らを最も知っているのは自分だから。
彼らの断片的な情報ではなく彼らの全てと向き合っているわけですから。
口出しする人もそうそういない・・・

 だから、以外と孤独。

採用活動だって、自分の及ぼす権限範囲は広い。
来年我が社に入社する学生を10名弱を決めた。我が社に入社する事務系社員の約1/10にあたる。
これにも責任がつきまとう。
できれば、この活動は、運不運・縁というものが企業と学生を結びつけるものなんだと決定づけたいなぁ。



現在、私の専らの仕事は、約20名の新入社員を受け入れ、彼ら彼女らを育成することである。荒削り連中を磨きに磨く仕事。

故人松下幸之助の言葉。

「モノづくりの前にヒト作り」

この言葉の重みを感じながら、今、会社の中に置かれた自分の立場も捨てたもんじゃないと思えてしまう。


人を見る仕事には、飽きがない。
見る目が養われ、その中で多くを吸収する。
反面、生もので、予測できない事態も起こる。
能力の引き出し方、モチベーション、行動特性・・・

少なからず、私が従事した11年の仕事にはないものがそこにはある。

今、「ヒト作り」に身を投じる。






スポンサーサイト
テーマ:思ったこと・感じたこと
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。