--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年07月06日 (月) | Edit |
東京で過ごした7年間が、もう遠い過去のように思える。

僕は、7月からある街に降り立った。
過去の戦争において大きな傷跡を残した歴史ある街、そう・・・

「広島」

である。

見るもの。触れるもの。出会う人。全てが新しい。
毎日、吸収の日々であり・・・知らないものが多すぎる・・・でも、人が少なくてどこか不安になる。その広島の過去の歴史も知らないと恥かしささえも感じる。
気持ちのより所がない分、格段に見聞が広がる。


今、広島と東京の違いをかみ締めるように味わっている。
間違いなく言えること、日本の中心である東京という街で過ごした経験は、

「自分の中での大きな自信」

となっているようだ。

「大丈夫。この街でもやれる!」
って。


さて、仕事内容についてはどうか。
ようやく念願叶って、望んだ仕事を本業にすることができた。
自分の強みは何か?過去に何度も自問自答を繰り返してきた。
社会人になって初めて

「自分の市場価値」
を認められたような気分になった。
ようやく、スタート地点に立ったような・・・
自分の能力を最大限に伸ばす機会が与えられたような・・・

このサラリーマン生活11年目にして、ようやく自分の強みを活かすことが、仕事の成功、ミッション達成に直結するようになる。
この広島にも僕を必要とする人がいるようだ。目をキラキラさせた希望に満ち溢れた若い躍動感を秘める小さな卵がここにはある。

人材に関する全ての仕事。

「育成、人材開発、活用、配置・・・」

人事の仕事を本業にすることになった。



・・・何か変な感覚が残る。
それは、先週まで自分が過ごしていた東京をもう他人ごとのように見てる自分。
東京で生活する人を「東京の人」と呼んでしまいたくなるような感覚。

外から見る東京は、やっぱり何か要塞のように巨大で・・・
全てのあらゆるものを飲み込んでしまう。そして、その飲み込んだものをまた別の何かに変える不思議な力が東京という街には、存在する。存在した。

さようならしてなかったな・・・


東京、さようなら。


そして、ありがとう。




スポンサーサイト
テーマ:思ったこと・感じたこと
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
どない?
東京生活長かったなー。
広島の町はどない?新しい仕事はどない?

また聞かせてな。

また一緒に東京生活を過ごしたかったけど、入れ違いに
なってしまったな。

独身のときに過ごした東京と、家族を持ってからの東京
はだいぶ違うような気がする。

今回は何年になるか分からんけど、楽しんでいくわー。
2009/09/03(Thu) 21:36 | URL  | フリッパー #RXtWfVJQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。