--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年02月06日 (金) | Edit |
ビジネスシーンであえて、「立ち話」を使ったことってありますか?

僕は、毎年会社で年度末の今の時期に繁忙期をむかえます。この時期の僕の日々のTODOリストは、30分刻みに予定が入るのですが、その中で少しでも生産性を上げ、無駄を省き、スピーディーに仕事を進める秘訣がこの「立ち話」のようです。

・・・ようです。

っていうのは、つまりその「立ち話」の効用に気が付かず無意識に行動を起こしていたのでそれに気がつかなかったんです。昔から僕は、人の「行動特性」や「行動分析学」というものに非常に興味を持っているのですが、なかなか「自分」の行動特性に目を向ける機会ってなかったんですよね。

で、今日はある人と立ち話。1分ほど。終了後、こんな感覚が襲います。

「よし、この話は8割片付いたな・・・」

「あれ?」

「あー、今ので話がついたんや」


って。ふとこの「立ち話」の効用について気付かされたみたいなんです。

立ち話は1対1。時間は長くても5分といったところだろうか。話出すと立っていることもあり、用件説明は、相手の時間を取らせまいと短時間でポイントをおさえたシンプルでわかりやすい説明になる。さらに、話題の結論(落としどころ)を決めて話すので、受け側は、無意識に即答を求められる格好になる。その時の答えが「・・・の方向でいいんじゃない」なんて、濁した回答があっても、後々その両者の中では、それが明確な結論として脳がとらえてることが多い。実質、両者での承認行為となるわけだ。

何を言いたいかというと、会議室に居座ってキーマン以外の関係者複数人を交えての打合せで同じ結論を出そうとしたら、どれだけの労力が必要になるだろうかと思ったわけです。

仕事の段取りで、誰かに承認・確認などを求める際には、あえて「立ち話」っていうのはいかが?



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そういえば
そういえば、「エレベータに乗っている間に、上長に説明し終えるぐらい、論点をまとめておくとよい」って、昔何かの本で読んだことある気がする。
2009/02/12(Thu) 22:16 | URL  | いしぐろあきひさ #RXtWfVJQ[ 編集]
賛成です
僕も立ち話と言うか、雑談が好きです。会議や時間を調整した打合せは本当の目的を忘れて会議の内容のための会議になります。
これからは 意識して立ち話しを実行します。
2009/02/14(Sat) 09:20 | URL  | ツイてる小林 #-[ 編集]
>いっしー
エレベーターに乗っている時間勝負か。。究極やな><
でも、理屈はいっしょやと思う^^

>小林さん
コメントありがとうございます!
>会議や時間を調整した打合せは本当の目的を忘れて会議の内容のための会議になります。
これ。よくありますよね。まと外れの会議になったら、僕はすぐ眠たくなるんです^^
立ち話であれば、寝る暇もありませんよね(笑)
2009/02/15(Sun) 01:17 | URL  | やすだ氏 #-[ 編集]
リンク完了しました
やすだ氏さまリンク貼らせていただきました。
こちらこそ相互リンクよろしくお願いします。
ポチッと応援しておきました。
エレベーター・・・は毎日実践していますね。我が社の社長に出勤時毎朝エレベーターでその日の弾入れをします。慣れると3分あればいろいろなことができます。いろいろな報告もできますよ。もちろんしっかり指示ももらいます。ちょっとした時間でも活用次第では何倍にも活きてくるんですよね。
ということで、今後ともよろしくお願いします。
http://realestatefx.blog35.fc2.com/
2009/02/15(Sun) 21:02 | URL  | Real-FX #-[ 編集]
ありがとうございます!
ご丁寧にお返事までいただきありがとうございます!R.Fさんのブログにもリンクはっていただき光栄です。こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします!

>社長に毎朝、エレベーターで弾入れ・・・
R.Fさんもちょっとした時間活用を実践されている方なんですね。やはり、「立ち話」の効用は高いようです。。。
2009/02/15(Sun) 23:34 | URL  | やすだ氏 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。