--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年04月11日 (月) | Edit |
自分が方向付けた投資方針と同感するところが多いこの著者



トピックスの続き↓↓↓
********************
●スルガ銀行から借りる。
法定耐用年数が残っている地方物件であれば、他の金融機関に比べて融資はそれほど厳しくないと思うので、地方物件狙いでスルガ銀行の支店がある地域でしたら、門を叩く価値あり。

●ライフ住宅ローンから借りる。
築古で法定耐用年数が過ぎていても、また再建築不可の物件の場合でも融資を行ってくれること。最長35年の融資可能。ただし、金利は変動金利で、将来の上昇リスクを覚悟しなければならない。ただしひとつ条件があり、自宅なり実家なり共同担保(遠隔地可)が必要。

●管理会社
売買の時に仲介した元付けの不動産屋がそのまま引き継ぐケースが多いですが、お勧めできない。入居率が悪くて売却に至ったとすれば、大家の資質はもちろんでしょうが、管理会社の「客付け力」に問題があったかもしれない。

●地方物件
地方郊外では安い部屋から埋まっていく。周辺の物件とそれほど家賃の差を付けれないのであれば、割り切って賃料で魅力付けしたほうが得策。

●家賃保証
契約時は、原則家賃保証会社を通す。だいたいひと月の家賃の50%程度の掛け金で、2年間の保証が受けられるのが相場。保証会社は、一社ではなくて、審査の厳しさにも差がありますので、ひとつが駄目でも他のところに当たってもらうように管理会社へ頼めばいい。

●定期借家契約
契約期限が切れたら、住み続けるには再契約が必要で、大家と契約者双方の合意がないとできない。

********************

以上。




スポンサーサイト
テーマ:不動産投資
ジャンル:株式・投資・マネー
コメント
この記事へのコメント
俺も
俺もその本読んだでー
2011/08/24(Wed) 22:11 | URL  | ラブスノ #RXtWfVJQ[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/01/19(Sat) 17:21 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/08/11(Mon) 14:35 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/08/13(Wed) 00:48 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/11/21(Wed) 21:42:36 | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。