--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年05月24日 (日) | Edit |
「パパぁ  ママぁ  ・・・」

とベッドの横たわる男の子と目が合う。
今日は、お父さんとお母さんの付き添いがなく1人で夜を過ごさなきゃいけないんだろうな・・・



「痛い痛い痛い痛いーやだーやだ・・・」

と奇声に近い叫び声が病院の廊下に響き渡る。
診察室の外で、自分でどうしようもない事態に頭を抱えながら、険しい表情したお母さんが自分の子供の苦痛の声に耳を傾けている・・・



これ、東京北多摩地区にある小児医療を専門にする清瀬小児病院の夜の様子。

お母さんのお腹から生まれて来て数年しか経っていないこんな小さな幼い子供がもう何かの病気と向き合いつらい思いをしなければならないのかと胸が締め付けられるような思いで苦しくなった。


本当につらいですね。親も。子供が病気すると・・・
子供が元気でいてくれることが一番の幸せだと改めて痛感しました。
僕は、毎日会社から帰ってきて、妻と子供が一日元気でいてくれたことを感謝して過ごしています。


・・・それでも、予期せぬことがやはり起こるんですよ。


ほんと5月は、色々ありました・・・
そして、色々思うこともあり・・・

ようやく、息子が退院して一週間が経とうとしています。
上記は、先週、仕事帰りに息子の術後の様子を見に行った時の様子です。


******
5/18(月)息子の手術日

「そけいヘルニア」

という病気です。

手術とは言いますが、この病気、幼児の特に男の子がなりやすい結構一般的な病気だそうです。俗に言う「脱腸」というやつです。僕が風呂場で、息子のおちんちんの変化に気が付いたのがきっかけです。これって、意外に女性である妻は、気付きにくい病気だったのではないかと思う。同じ男性だからこそ、その異変に気が付いたのかもしれない。その異変を話しても妻は僕ほどピンときていないようでしたから。

今年4歳になる息子は、手術なしでは将来自然治癒しない状態だったため手術するしか治す方法はありませんでした。そけいヘルニアでも親が気が付かず放置してると「カントン」という病状に変わり非常に危ない病気に発展する恐れのある病気だったそうで・・・

親としては、治る病気だとはわかっていても3歳ちょっとの

幼い息子の体にもうメスを入れなければならないのかと自責の念に駆られました。

何はともあれ、一泊二日の入院。

あの狭いベッドに息子と一晩添い寝をした妻に感謝。
術後も何も問題なく、いつもと変わらない元気な息子が帰ってきました。
******


ここで、色んな気付きがありました。

1)小児医療の実態とその問題点
2)乳児医療費補助制度の地域格差


自分がその実態の影響を受ける当事者であるからには、他人ごとではないのである。
子供を持つ親として、町医者ではなく信頼できる小児科専門の大病院がなくなるのは不安だし、たとえ、信頼できる病院があっても医療費がかさむとこれまた死活問題なのである。


また、別の側面としてこの気付きは、僕の不動産投資をする際のエリア選定に重要なヒントを与える着眼点だと思っています。需要側に経ち、世帯主が長期優良住宅を選定する上で考える生活環境要素とは何なのか。



1)小児医療の実態とその問題点
医師不足、医療資源不足が叫ばれている今日、東京北多摩地区の小児医療を担っているこの清瀬小児病院、実は・・・

 閉鎖に追い込まれようとしています。
 
東京都が一部改訂した東京都立病院条例の中に、清瀬小児病院・八王子小児病院・梅ヶ丘病院の移転統合を正式に決めることが含まれているのです。小児医療は不採算性が高く、また、小児患者は容態が急変しやすいというリスクの高さから、民間病院から「小児科」が次々と撤退しているのです。現在、多摩地区の小児科がある病院は57ですが、平成6年度に比べ22も減っているそうで、診療所に至っては、この12年間で100も減っているそうです。


今の段階で清瀬小児病院が閉鎖されてしまうと、小さな子供を持つ多くの親御さんが不安な状況に陥ってしまいます。 

2)乳児医療費補助制度の地域格差
乳児医療の地域格差を考えたことがあるだろうか。

その制度の良し悪しがどれほど家計に影響するかを痛感。医療費補助制度の良し悪しは、それぞれの自治体の財政状況にもよるのですが、子どもの医療費負担が地域によって違うというのは、同じ国民として納得しかねるものがありますよね。

この格差は、子育て家庭を医療費補助制度が充実する例えば東京の23区のような裕福な地域に流出させてしまう原因の一つとなり、日本の小児医療における需給バランスを崩し、少子化問題を深刻化させるリスクを潜んでいるのではないか。


 少子化対策の観点からも、国が一律に面倒を見るべきだと思う。

自分に関係ある自治体の乳幼児医療費補助制度がどうなっているか気になりませんか。
http://babynet.doc-net.or.jp/pdf/1-todoufukenn-seido.pdf



スポンサーサイト
テーマ:思ったこと・感じたこと
ジャンル:日記
2009年05月01日 (金) | Edit |
今、これで頭がいっぱいなんです。
のめり込んでしまいそうな予感です。

行動分析学

なぜ、僕がこの「行動分析学」に興味が向いたのか?これも忘れないうちに棚卸ししておきたい。


***

首都圏で会社の採用活動をするのが今年で7年目。
今年は、2月に会社主催の東京会場でのセミナーに先輩社員として参加しました。

今年も「A学生は、リーダーシップを発揮している」「B学生は、控えめだがフォロワーでしっかり存在感がある」等、僕は、いつものごとく学生さんを評価。その日も後輩達は、あの子がどうだ、こうだと評価をし始める。

・・・が、ふとある事が気になったんです。

今年の僕は見る視点が違った?というのか、新たな切り口で学生を見れるようになったというのか。
今日出会ったばかりの学生達が寄せ集まってチームとなりグループワークするのだが、

「なぜこんなにもアウトプットに違いが出るのだろう」

と、急に不思議でならなくなった。

「この短時間で成果を上げるチームそうでないチームの差はどこから生まれるのだろうか・・・」

その違いは、何が原因で起こっているのか。
組み合わせか?個人のスキルの高さか?様々な憶測が頭の中を駆け巡る。

で、その答え、つまり、原因がわかれば、彼らのアウトプットや成果を飛躍的に伸ばせるのではないのか。

と・・・
それどころか、会社組織の生産性向上はもちろんのこと、その枠にとらわれることなく、将来自分が目指す到達点までの道のりで役に立つのではないかと思ったわけです。

若手中心であるこの採用活動も軌道にのり、いよいよ最前線から離れる時が来たなと思いながら今年が最後だと心していた僕にとって、この気づき「着想」は、棚ぼたの収穫かもしれません。

***

そんな「着想」が僕をある専門分野に引き込もうとしています。

それが

行動分析学

なんです。

---
「人間や人間以外の動物が行う行動にはそれをさせる原因があり、行動分析学はその原因を解明し、行動に関する法則を見出そうとする科学である」
---



入門書を手にしたばかりのビギナーですが、僕は、この分野を自分の強みにしたいと考えています。

「人にはどんな行動原理が働いているのか」
「行動に対する反応次第で結果が変わる」
 

などなど。自然に自分の興味レベルが最高点に達している感覚があります。ようやく、自分の得意分野となり得るものを見つけた気分です。

ですが!どこまでこの分野での専門性を高められるだろうか・・・


こうやってブログで宣言していながらも不安で、知識浅もあり未知ですが、志として自分の市場価値をこの分野を軸として今後のパーソナリティを形成していくつもりです。

自分の生い立ちを振り返り自分が日々、感覚的に無意識に振舞った行動の集積が今の自分を形成しているわけであり、この分野を深く学ぶことで人間形成に関する因果関係を解明したい。これは、自分を知ることでもあり、また・・・

これからの未来を創造する子供達の人間形成にも大いに役立つ

はずだと考えています。





テーマ:自己啓発
ジャンル:ビジネス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。