--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年04月28日 (火) | Edit |
忘れないうちにブログにメモメモ・・・

会社でマイホームを購入した人との立ち話をする機会がありました。
今年入って本格的に物件探しを開始し、今月4月に契約ということで買いたてホヤホヤだそうです。

※以下全て、彼の記憶の中での話をさらに僕がその聞いた内容を思い返して記載しているものなので、中身は鵜呑みにしないこと。また、勝手ながら要所要所を省略しています。

***

場所:横浜駅周辺(徒歩:12分程度)
広さ:3LDK
価格:販売価格7,000万円→5,000万円台で購入
    ※これが値下がりによる影響だそうです。
種別:分譲マンション
ローン:ろうきんから満額4,000万円を借り入れ、金利1.8%で3月に契約予定だったが、まだ金利が下がるという予測に従った結果、4月に1.6%台まで下がり、そこで契約したのとのこと。30年ローン。
※不動産関係者においては、金利と不動産価格は下がると予測している人も結構多いとのこと。

その他1:ろうきんの住宅財形は、550万まで非課税の優遇があり、さらにその預金額の10倍の借り入れが可能とされているが、その上限は4,000万円(?)だとのこと。

その他2:利息転貸融資という補助を会社の制度で優遇されるそうだが、自己負担は1%と決められていることから、残りの0.6%を会社が負担するとのこと。

その他3:住宅ローン減税制度が継続したことから、年間支払い額の数%が戻ってくる制度もあり、住宅を購入する制度が整いつつあり、買うタイミングとしては、悪くないとのこと。

その他4:足りない資金は、共働きをしている奥様名義で三井●友銀行から融資を受けたとのこと。

***

所感1:不動産は、ここ一年が買い時だと様々な方面で耳にする。だが、「勤労所得」により30数年支払い続けなければならないローン金額をもって、自分の資産限界値(金額)を今設定すべきではないと思った。※その金額に縛られたくない。

所感2:当然だが、実際、購入した人は、不動産リテラシーを加速度的に向上させている。

所感3:投資用の不動産の物件となれば、どれだけの条件が変わるのか。


メモ・備忘録として以上。


スポンサーサイト
テーマ:今日の出来事
ジャンル:ライフ
2009年04月17日 (金) | Edit |
新しい年度がスタート!!

今週になり、ようやく、身も心も開放され、僕の中で本当の春がいよいよやってきた気分です。

先月3月は、年度末ということで一年の最も忙しい繁忙期をむかえ、今年もかなりのエネルギーを費やしました。帰宅できずに会社で泊り込みする日もあり、一日24時間のほとんどを会社の仕事に支配される生活を送りました。

で、僕は、ここ数年間、毎年4月はリハビリ期間になるんです。
凝り固まった脳みそを少しずつほぐして行き、また将来の飛躍のための準備を再開させます。

拘束時間が長く、体の自由がきかない日々でしたが、心を支配されることは決してありません。
約一ヶ月で何を思い、感じたのか、どんな悟りや学びがあったのかを必ず棚卸しします。そのネタは全て、備忘録として携帯にメモを残すようにしてきました。
本当は、リアルタイムにブログでアウトプットしたくてしたくてたまらなかったのですが、ここで改めて

「アウトプットすることの難しさ」

を再認識するんです。

そのための時間がなかなか作れない。。こんな時こそ、自分の思いを残しておきたいのに・・・と気持ちの葛藤もありましたね。

さてさて、頭を切り替えて、どんどんアウトプットしていきたいと心新たにしました。


***

で、今日、さっそく会社で昨年度の成果の振返りがありました。

納得できないことがあり、今日は、課長会議で珍しく、

ついつい呆れて声を荒げてしまいましたよ。

こんなご時勢もあり、僕の職場は、年度途中に事業計画を下方修正し、あらたに目標を再設定して下期に臨んだ経緯がありました。
どこの民間企業もだいたいそうでしょう・・・特に年度の終わりに近づくと、とにかく駆け込みで利益を上げろとTOPダウンで指示が出るわけです。社員はもちろん僕のプロジェクトに携わるスタッフも連日、遅くまで残業していただき、年度末の本当の忙しい時期を踏ん張ってもらいました。

で、みんなの頑張りの甲斐あり、修正事業計画を達成したんです!

ところがです。

今日の会議の振返りで、部長が課長10数名を集めて、浮かない顔をするわけです。

「当初計画が達成できなかった」からって。

これを聞いて課長連中も誰も何も言わないんです・・・

いやいや、それはおかしいよ。って思ったわけで、

「年度途中で、計画を下方修正したにしろ、その修正計画が僕達の目標だったわけでしょ。下期それに向かってみんな必死でやってきた成果が出たじゃないですか。この沈み方はないんじゃないですか?達成したのか、していないのか。達成でしょ。」「最後の最後で当初計画が駄目だったからって言ったら、皆テンションあがりませんよ。」

って。そりゃ、言ってしまいますよ。
こっちは、いい加減な気持ちでやってませんから。
息子の寝顔しか見れない日がどれだけ続いたか。

***

僕は、節目節目できちんと振返り、良かったところ、悪かったところを棚卸ししたい人なんです。
じゃないと、次に活かされないし、頭が切り替わらないでしょ。

結局、部長の上司である事業部長が部長連中の労をねぎらってやれなかったから、その影響が末端に伝播したんです。


テーマ:思ったこと・感じたこと
ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。