--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年10月26日 (日) | Edit |
外部環境の変化が、僕達個人に及ぼす影響を少しここで自分なりに整理しておきたい。
 ・・・わかっているようでわかっていない経済のしくみ。

ここ最近世間を騒がす景気悪化や株価暴落の発端は何なのか?

 僕は、やはり「サブプライムローン問題」がきっかけかと。サブプライムローンの説明は割愛し、これによってどんな連鎖が起きたかを簡単に整理してみた。

***
アメリカの経済が悪化
    ↓
金融資産が米ドルからユーロに流れた。
    ↓
今度は欧州の経済が悪化(ドイツ経済の景気後退を契機)
    ↓
消去法的に円の買いが殺到 
   ↓
円高が始った。
    ↓
株価暴落が始った。
※円や日本経済が積極的に評価されたわけではなく円高が進んだのは、日本としても不本意だと思う。結果、輸出国である日本は、米国の景気悪化でただでさえも海外需要に頼れない状態にもかかわず、円高いう事態がさらに輸出産業に悪影響を与え、主に輸出産業銘柄の株価の暴落に大きな影響を与えた。
    ↓
日本経済の悪化要素が銀行の貸し絞りを強める原因となる
    ↓
資金調達できない中小零細企業の倒産が始る。(僕の父親は大阪で自営業しているので状況がよくわかる)
    ↓
金回りが滞り、経済は停滞・さらに悪化
    ↓
個々会社の業績悪化、最終的には個人の消費欲を直撃する。
***

だから!最近、民党の麻生さんが解散総選挙前に「景気対策!」ってCMし始めたでしょ。要するに、国内の内需拡大政策が必要なわけ。

あと、輸出産業と言えば、TOYOTA、ソニー。これらは今回の円高でかなりの評価損を出した。なので、公的資金を注入しようかどうしようかと国が検討し始めた。影響力あるビッグ企業なので、株価の目減り分を株価があがるまで補填しておく処置を国がしようというものですね。

じゃー、その公的資金ってどこから?国民の税金からでしょーよ。
余談ですが、「タバコの値段は絶対上がる」この税収入はかなり大きいらしい。だって、今オーストラリアとか、日本で300円で買えるタバコが1,000円以上するわけです。税金の塊なんですよ。すでに。

今回の経済悪化で、企業年金の運用利回りが悪化して、その分企業の利益から補填するから利益が削られ、さらに業績に悪影響・・・


考えれば考えるほど、どうしようもない事態です・・・


  
スポンサーサイト
2008年10月25日 (土) | Edit |
というのは、一理あると思う。

上京してから6年連続毎年首都圏での新入社員の採用活動をしてきたが、その採用面接の中でも思わず聞いてしまう質問・・・

 「最近、どんな本を読みましたか?」 
 「今朝の新聞でどういう記事に興味が湧きましたか?」


なぜこんな質問するのか?利口な事を言わなければならないのか?って、面接される側だった若かりし頃はよく思った。でも、今ならその真意がわかる。見た目や発言内容に惑わされずその本人の思考傾向を把握するのに役立つ質問なんだと。これってなかなか口では嘘がつきにくい質問なんですよね~

読んだ本のタイトルからその人がどんな人間でどういう思考の持ち主なのか等を分析するサービスやツールであったら、画期的ではないか。

・・・ということで、本棚作りました!
>>やすだ氏の【本棚

テーマ:雑記
ジャンル:ファイナンス
2008年10月24日 (金) | Edit |
そう。いるんです。いたんです。職場に・・・

占い師

職場では、派遣スタッフとして来てもらっているのですが、見た目はおたくっぽい感じの人付き合いがうまくなさそうな、それでもって勝気で且つ雑学が豊富。33歳独身。。
学はピッカピカ。某慶応大学卒業後、SEで社員務めの経験もあるそうだ。

そんな彼、正直、派遣スタッフの仕事ではSE業務をしてもらっているのですが、そろそろ契約切ろうかなと検討中です。

社員が派遣スタッフを切る時は、やはり心もとないですよ~だって、彼ら本人にとっては死活問題なわけですから^^;

ある日、聞いたんです。彼に

 「土日とかはどう過ごしてるんですか?」

すると、

彼:「占いです」
僕:「はっ?」
彼:「占いです。」
僕:「は、はぁ・・・^^;占ってもらってるんですか?」
彼:「いえ、占う方です・・・」



専門は、タロットだそうです。なんと、占い師を目指す各地に点在する卵ちゃん達に指導しに出かけることも多々あるそうなのだ。講師?師範?この世界はよくわからない。

ただ、はっきり言えるのは、彼はこれで生計を立てることができるそうだ。
だって、この占い師業で

年収が100万円を超える

のだから。小銭稼ぎが、実はこっちの派遣の仕事だったのかもしれませんね。。

将来有望な人なのかも・・・

もう少し居てもらおうかな(笑)

テーマ:小銭稼ぎ
ジャンル:ファイナンス
2008年10月19日 (日) | Edit |
メンター、Yさんである。

Yさんのことをどこかで書いておきたかった・・・秘密とするのは、僕と彼の中でお互いの関係性を明確にしたことがないから。でも、僕が投資家・起業家を志すきっかけを作ったのは、彼の存在があったからこそ。

 「Yさんとの出逢いに心の底から感謝」

彼との出逢いが僕の人生を大きく変えたと言っても過言ではない。ところが、彼は今の僕が何を志し、どんな人脈をつくり、どんな努力をしているかも知らない。

彼が僕に話した言葉で今も頭から離れないフレーズがある。

「いずれ、君とはビジネスパートナーになるだろう・・・」

もう、5年前の言葉だ。彼は、どういう人か・・・

**********
彼は、僕が現在務める某通信会社Nの先輩社員。出会いは、僕が入社2年目のことだった。とある同期が「是非会わせたい先輩がいる」と紹介してくれたのがきっかけだった。その人が一味も二味も違う人間だということに気付くのもそう時間はかからなかった。というか、僕は彼と意気投合した。
彼がその当時以降、任されていた仕事内容は、我が社の中でもかなり異色なものだった。
 
 ・全社営業マンの行動特性分析からコアコンピタンスの展開
 ・管理職育成カリキュラム策定と実施
 ・MBA

そんな憧れの先輩は会社を退職したのである。彼は退職後、すぐ僕に話した言葉で印象に残ったのは・・・

 「MBAでできることの限界を知った。」

その真意は、聞いたことがない。
在職中、彼から教わったことは数知れず、どれほどの影響を僕が受けたかは、彼はおそらく認識していないだろう。ところが、僕の人生における大きな影響力を強烈に与えたのは、その退職後からだった。僕が7年前に上京してから、別世界で生きる彼と何度か会ったが、今まで以上に僕に大きな影響力を与えた。内容を書ききれないので退職後の彼を表すキーワードをピックアップしてみた。

 ・「金持ち父さんと貧乏父さん」
 ・一流
 ・夢を追う若き卵への投資
 ・北新地
 ・仮説授業
 ・フランクリン手帳
 ・神田昌典氏
 ・サーフィンバカ
 ・暇
 ・ヘッドハンティングからのライフプランナー
 ・平成の「松下村塾」
 ・チームプレー 等々


そんな彼と昨日メールのやりとりを何度か。その一部を抜粋する。
「~正直、会社辞める前と比べると100倍のびのび人生を生きてる実感あるよ。世の中には素晴らしい人や事や場所に満ち溢れている。それらとの出逢いが、さらなる巡り逢わせをもたらしてくれて心を豊かにしてくれる。。。身の回りに起こる全ての出来事に意味があると思い知らされ感謝せずにはいられないんだ。君に伝えてあげたいことが、いっぱいあるよ^^」

近々、Yさんがこのブログを通して、今の僕を知ることになると思います。もう昔の僕ではない。何かが動き出しそうな予感がする。その日が楽しみなんです。
2008年10月17日 (金) | Edit |
本屋さんに入ると「どんな本が並んでるのかな~」っと気持ちがウキウキする。ただ、読みたい本が多すぎて、逆にソワソワする自分にも気が付いた。

今日も本屋さん立ち寄り。

気のせいか、ここ2・3年で「ファイナンシャルリテラシー」について書かれている本が急激に増えたように感じる。自分がアンテナを張ってるせいもあるが、確実に増えてると思う。自分の意識の方向が偏っていたからなのか、5年前を思い返せば「金持ち父さん、貧乏父さん」くらいしかその手の本は陳列されていなかったように記憶している。(厳密には目に付かなかった。極端だと思うが^^;)

世の中の人達は、いよいよこれから起こる激動の時代という大海原を渡っていくのためにどういう教育が自分にとって必要なのかを気付き始めたのではないかと思ってしまう。そして、気持ちが焦った。

今となっては色んなジャンルの様々な職種の人がお金にまつわる本を出している。
先々週に買った3冊が全て読み終わりそうなので、今日も3冊買いだめ(なぜかいつも3冊)
その中の一冊は、僕がずっと気になっていた人の本。

 それは・・・

島田紳助


彼に関する本
 「話し方はなぜ9割の人を動かすのか」がたまたま目についた。

彼が悟る芸能界で生き残るための競争理論が見れる「紳竜の研究」というDVDに興味があり、HPの打ち出しペーパーをずっとカバンの中に入れて持ち歩くほどだった。

・・・読み始めだが、彼の頭のキレ、物事に対する複眼的な考察力、ビジネスに関する嗅覚は想像以上。また感想は別途。

  
 
 僕は、現実主義なのか、小説に全く興味が湧かない。


ただ、歴史上の人物の伝記でもあった歴史小説は興味あり。
過去に唯一、司馬遼太郎氏の「竜馬がゆく」を高校生の時に読破した。作品中において「竜馬」と表記されており、「龍」でないのは司馬さん自身がフィクションとしての彼を描いたためとも言われている。

この司馬遼太郎氏。僕の母校(大阪の私立高校)のOBだったということと僕の家系はとにかく坂本龍馬の生き方が好き。戦時中も鉄鋼業を営んだ母方の祖父が生粋の高知人で、盲目だったからかいつもコタツに座り、僕の顔や手など小さな体を手で確かめるようにやさしく撫でながら、「龍馬」の話をしてたことを母親から聞いたことがある。


その時代、めいいっぱい生きた人の生き様からは多くの希望と勇気をくれる気がする・・・
テーマ:雑記
ジャンル:ファイナンス
2008年10月14日 (火) | Edit |
 僕は、経験があります。

その時の感情や思ったことを書いておきたいと思います。
 
 「時間」と「金」の無駄を見つけ排除し、活きた「時間」と「金」に変える努力をしている。

と僕は、過去のブログ書き残しました。
今やるべきこと。(08/10/07)

*********
↓↓↓
僕は、約10年も手放せなくなっていた煙草を断ち切ることができた人間です。やめてから今で3年半が経ちました。なぜ止めれたのか?理由は、いたって単純なんです。

 1)自分に子供ができるから
 2)禁煙セラピー(著者:アレン・カー)を読んだから

1)については、妊婦への間接喫煙の影響と。自分都合の身勝手な行動に極度の嫌悪感を感じたから。
2)については、その当時職場で実験的に流行っていたこの本を試し読みして、完全に洗脳されてしまったから。


私は、煙草の呪縛から解き放たれたこの感動を自分の大切な人に伝えたい。


と思い立ち、その一心で何を思ったのか!?

 父親、兄、弟、職場の上司2人

計5人にアマゾンドットコムで「禁煙セラピー」の本を5冊衝動買いし、自分勝手にそれぞれに配送してしまったのです。無意識に。いくらに出費になるのかも一切考えずに。


結果・・・
 父親。なんと40年吸っていた煙草を止めました。※兄、弟は、一時的な効果はありました^^;
 上司1人。20年吸っていた煙草を止めました。※ご本人は、僕のおかげだとは認めたくはないらしいですが(笑)

 
たった数千円。僕が起こした行動がどれだけの価値を生み出したかは計り知れないです。
その上司とは、職場を離れても部下上司の関係を超え、人間同士の付き合いで今だよくかわいがってもらっています。父親は、僕のことをどう思ったのでしょうかー「おまえがやめたんやったら、俺も・・・」って。本当にやめちゃいました。

このたった5,000円・・・

どれだけの価値を生み出した投資になったことでしょう。
この5,000円が私のために人のために今もなお価値を生み出し続けてくれています。
僕は、この経験からお金との付き合い方について多くのことを学び取りました。

・・・皆さんも活きたお金を是非!!



2008年10月10日 (金) | Edit |
今まで読んだ不動産のを整理したくてずっと気になっていたので、いっそうのこと棚卸ししてみた。

【2008年10月9日時点】順不同で末尾は発行日
1.サラリーマンでも「大家さん」になる46の秘訣より(藤山勇司)~2003年12月12日
2.成功の奥義より(藤山勇司)  2004年06月18日
3.儲かる大家さん教習所(藤山勇司) 2006年09月12日
4.アパート・マンション経営塾(浦田健)2005年02月10日
5.業サラリーマン!第2業マンション経営(中山清一)2006年09月30日
6.不動産投資で資産倍々!会社バイバイ♪(吉川英一) 2006年12月14日
7.ワンルームマンション投資法(野中清志)    2007年05月01日
8.キャッシュフローを生む不動産投資(広瀬智也)2007年09月03日
9.ボロ物件でも高利回り激安アパート経営(加藤ひろゆき)   2007年09月10日
10.1年で10億作る!不動産投資の破壊的成功法(金森重樹) 2007年10月25日
11.収益不動産所有の極意(和合実)  2007年09月05日   
12.専業主婦が年収1億のカリスマ大家さんに変わる方法(鈴木ゆり子)2007年8月30日
13.ゼロからの不動産投資(赤井誠)2007年8月1日
14.タダで自宅を手に入れるスゴイ方法(日ファイナンシャルアカデミー)2007年5月29日
15.中古マンション投資の極意(芦沢晃)2007年4月25日
16.不動産投資のABC(ケン・マクロイ)2006年11月10日
17.ワルが教える不動産マニュアル(風間俊二)2006年10月2日
18.わるわかり不動産投資(逢坂ユリ)2006年8月8日
19.ど素人がはじめる不動産投資の(国房啓一郎+中川寛子)2006年8月9日
20.家賃収入が月収を超える!(広瀬智也・束田光陽・内海芳美)2006年1月23日
21.兼業「大家さん」黒字経営マニュアル(藤山勇司)2005年8月9日
22.アパート大家さんになった12人のフツーの人々(猪俣淳)2005年6月20日
23.専業主婦が10年連続入居率99%にしたアパマン経営法(安藤泉)2005年9月1日
24.不動産は工夫しだいでゼッタイ儲かる!(中村一晴)2008年1月18日
25.基礎から学ぶ不動産投資ビジネス改訂版(田辺信之)2007年11月20日


手探りで読み始めた不動産投資のも、こうして見ると結構な数を読み込んだかな・・・
過去の日記に本に対する自分のこだわりを書いた。
今やるべきこと。-本へのこだわりー
上記の本を読み放しにしない。

「虎の巻」に新しい知識やノウハウを蓄積していく!

これは、ROI(投下資本収益率)を上げるよき習慣。
この虎の巻がまたかなり重宝している。

**************
↓↓↓
10数冊ぐらいを読んでいた頃にようやく不動産投資のいろはの「い」くらいがわかり始め、少し自信を付けた私は、2007年の夏からたまたま家の電話に勧誘があったある不動産ディベロッパーNの営業マンの話を聞くことにした。このディベロッパーとの出会いは、この不動産業界に踏み出す大きな一歩だと思えたくらい、自分の中ではインパクトがあった。

この不動産ディベロッパーNとのやり取りや詳細な考察はまた別途とすることとして・・・
不動産業界を知るには絶好の機会となったこのN社の私の評価は

 「最悪」

であった。

色々あり、このN社のTOP2(副社長)とも直接やり取りすることになったが、この会社の将来は明るくないと痛感した。その後、N社とは絶交というわけだ。

その後、接点をもった不動産ディベロッパーS社とのやり取りは、N社と比べ相当マシな商談ができたが、このS社の営業マンとその上司には決定的に欠けてる要素があり、二度の商談を白紙にした。今後S社対応には注目である^^
**************

上記の不動産投資の本を読んで知識・ノウハウの習得はもちろん、色んなことに気付く。
・この著者達の間でも人脈がつながってるということ。
・「金持ち父さん貧乏父さん」から何かしらの影響を受けている人が多い。
・この著者達は、MIXIでヒットしたり、セミナー講師をしていたりと身近な存在である。
・著者の投資手法や考え方は様々で、それらの莫大な情報から必要な情報をピックアップし、自分にあった独自の投資スタンスを確立する必要があること。
・ここ4・5年で本から得る情報の陳腐化(本の発行年月日で判断)が確実に進んでいるようなので本を買う時は、発行年月日を必ずチェックすべし。


自分の投資スタンスを確立し、実行し、確信に変えていく。
不動産投資についての恐怖感はない。
あとは、実行あるのみ!!

2008年10月08日 (水) | Edit |
 資本である。

先々週の土曜日の晩、奈良の実家に住む元気な母親が急激な頭痛と激しい嘔吐で救急車で運ばれた。
 
 くも膜下出血だった・・・

明くる朝に緊急開頭手術。術後の経過は順調だが、まだ予断を許さぬ状態・・・

そんな母親が、僕が学生時代だった時、不摂生が絶えないのを見かねて
「体は資本だから大事にしなさいよ」
と口酸っぱく忠告してくれたことをここ毎日のように思い出す。
「早く元気になって声を聞かせてくれ、おかん」


H16年に結婚してからは、毎年人間ドックに行くようにしている。
今年は、血液検査に始まり、胃の内視鏡、大腸の内視鏡、癌チェック、その他諸々の検査をしてもらい、体の健康状態を徹底的にチェックする。

昨年、ドックで診てもらったから安心なんて言ってられない。

若い時に癌をわずらったら進行が早いこと早いこと。一年で命を落とす人だっている。


これからの人生を謳歌するには、体の健康状態のチェックを怠ってはならない。そのためには、自分の健康維持への投資が欠かせない。

<補足>
家族や親戚にくも膜下出血等のような脳卒中をした人がいれば、自分も同じ病気になるリスクが高いので脳ドックを勧める。「遺伝」だそうだ。
癌家系とかよく耳にするが、それは本当のはなし。

テーマ:雑記
ジャンル:ファイナンス
2008年10月07日 (火) | Edit |
 毎日、朝のいつもと変わらぬの満員電車に乗り、職場ではいつもとかわらぬ人間と顔を合わし、パソコンに向かう。そして、最近は日が暮れるのが早く、お昼ご飯が済むとまもなく日が傾きだし、夜になる。で、また戻り電車に乗りいつもと変わらない帰路。気が付けば日が変わっており、何の変哲もない一日が終わる。
 
 この先、何年この生活が続くのか。気が遠くなる。この生活に何も疑問すら持たない人達もいる。サラリーマンたる者は、忍耐力のいる過酷な職業であるとつくづく思う。

そんな日常からいつか抜け出してやる・・・

 そんな日常の中に埋もれ、時には将来の目標を見失いそうになり頭の思考回路が停止してしまいそうにもなるが、そんな状況でも以下のことを忘れないでいる。

  1.家計のキャッシュフローの改善
  2.投資家マインドの醸成
  3.日常生活で活用できるレバレッジ探し

 1.については、自分にチャンスがおとずれた時の投資資金(種銭)の準備であり・・・
 
 2.については、投資家のマインド醸成につながる本と投資手法(不動産や株式等)に関する2種類の本を必ず会社カバン入っている。今後セミナーにも積極的に参加したい。
<本への自分のこだわり>
 ・読む本はその時々の自分の成長過程であるので「借りずに買う」そして「まとめ買い」がモットー。
 ・マインド醸成本で心に残るフレーズは自分の手帳に書きとめアーカイブ化し常に閲覧できるようにしている。
 ・投資手法本か学ぶ新しい知識やノウハウは、自宅PCに「虎の巻」ファイルを作り蓄積している。
 ・一冊1,500円はする自己投資を無駄にはしない。

 
 3.1にもつながるが、「時間」と「金」の無駄を見つけ排除し、活きた「時間」と「金」に変える努力をしている。




何の変哲もない一日を上記の心がけで、将来の布石に変えようと必死なんだと思います。

   
 
テーマ:雑記
ジャンル:ファイナンス
2008年10月05日 (日) | Edit |
 自分の乗った人生のレールにいつから懐疑的になったのか・・・

 一般的には、そこそこ恵まれたエリートサラリーマンに属している
 であろう自分が「このままだと取り返しのつかないことになる」と
 危機感をもつようになったきっかけが明確にあった。

 某通信会社Nに入社したのは、平成11年の時。
 入社後3年間は奈良の地元支店に配属され社会人のいろはを
 学ぶ。若さとガッツを売りに地場の中小・零細企業を60社程任
 され、SOHO部門で売上げTOPになるまでに成長させてもらった。

 入社4年目。本来、本社は大阪だが、一社体制だったころの本社
 東京のサービス開発部門へ転勤となり、初めて親元を離れ一人
 暮らしを東京で開始する。
 ここからの3年間で以下の出来事等があり、自分の転機だったと
 今改めて確信した。

  ・慢性化したサービス残業と勤労所得の限界
  ・本社で慣行する縦社会の現実
  ・自分の理想の将来像を投影する職場のエリート集団に尊敬の
   念を感じなかった。
  ・あこがれの先輩が退社
  ・結婚
 
 こんな職場から早く脱出して活路を開きたいという負のエネルギー
 が活力になり、会社に依存する自分からの卒業を「金持ち父さんと 
 貧乏父さん」という本の出会いをきっかけに決意する。
 
 僕の父親は、商売人で俗に言う自営業者。僕は雇われ人。この2
 種類の生き方は、理解できたが、

投資家、社会起業家、さらに不労所得で生きる富裕層の存在

 を意識することは今までなかった。
 ところが、実際に存在する事実。
 それは、まるで今自分のおかれた日常生活とは全く異なった
 「世界」が存在することを意味していた。


今から約5年前のH16年・・・

僕が27歳の時を機にその「別世界」へ思いが芽生え、思考回路
上、自分の歩むレールの変更スイッチが入って、不労所得で生き
る富裕層・投資家への道を歩み始めたと思い返した。


さて、あれから今に至るまで5年・・・

テーマ:雑記
ジャンル:ファイナンス
2008年10月04日 (土) | Edit |
     ・・・ようやく、できた。

        自分のブログ

 
  嫁も子供も爆睡中。寝息が聞こえてくる。
  明日、朝一の社宅の清掃は君達に任せた。
 
  3歳になる息子は、便秘でうんちがしたくても出ないらしく、寝る前にトイレでかんしゃく泣き。
  途中、「眠たいぃぃぃ~(T_T)」と言い出し、力果てて寝た。
 

     ・・・で、僕はブログ

  
  さて。今回ブログを立ち上げたのは、


    自分はどういう人間なのか。

を知ってもらいたい人にアピールするツールを作りたかったから。

 ・日々何を考え、どう行動している人なのか。
 ・どういう本を読んでいる人のか。
 ・どんな将来の目標を持っている人なのか。
 ・何を強みにしている人なのか。
 ・この人から何を吸収できるのか。
  
  まずは、第一歩です^^


テーマ:雑記
ジャンル:ファイナンス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。