--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年02月26日 (木) | Edit |
「チームが負けたのは、お前の責任や。俺は、お前を一発叩いておく!今日みたいな負け方は二度とないように今日のことを覚えとけ!」

と、バスケの試合終了後、コートの端、チームメイトの目の前で先生からの1発を受けた、その当時僕は14歳だった。

中学のバスケットボール部で先輩が引退した後、自分達の代になり僕が新キャプテンになった最初の公式試合。キャプテンである僕が5ファールで退場。チームはボロ負け、散々な結果だった。

自分勝手な手荒いプレーでチームのムードをぶち壊す・・・
チームプレーをする者としてはあってはならない行為。しかも、チームのムードメーカーであるはずのキャプテンならなおさらなわけだ。


中学生の時のバスケ部の顧問の先生は、元国体選手。練習はスパルタで有名だったが、僕はその先生を信頼して疑わなかった。身も心も未熟な僕は、バスケの技術以外にこの先生から多くのことを教えてもらい、この人間形成の過程において非常に貴重な時間をこの先生と過ごせたのは、僕にとって一生の財産となったと言える。


この時、「チームプレーとはどういうものなのか」を体をもって叩き込まれたのだ。


今もあの一発を忘れられない。バスケを始めたのは12歳。中学、高校、大学と学生時代はずっと部の主将を務めてきた。沢山の選手に囲まれ、色んなチームで戦ってきたが、その時の退場が最初で最後となった。


スポーツを通して、チーム意識を醸成することの意味・・・

今度は、僕が子供達に教えてあげる番が回ってきているのではないかとどこか使命感のような感覚が僕を突き動かそうとしている。

スポンサーサイト
テーマ:バスケットボール日記
ジャンル:スポーツ
2009年01月28日 (水) | Edit |
さっき、風呂場である人のある言葉を思い出したんです・・・
自分が今までどんな人から影響を受け、支えられ、成長してきたか。

思い出の中に埋もれ点在している名言って結構あるなーって。


32年間を少し思い返してみれば、色んなシーンで僕に向かって何かを伝えてくれた人達の顔がフラッシュバックした。楽しいこと、つらいこと、悲しいこと・・・色んなシーンが溢れ出した。

これって・・・

 「自分の頭の記憶にしかない世界に唯一の貴重なコンテンツ」

になるんじゃないか!って。

ブログに残していってみよーかなと。ふと、アイデアが浮かんだ。


思い出に埋もれて、点在している名言と呼ばれる言葉たちを呼び起こして~

どんどんどんどん・・・

点と点を結んで線にして・・・

そしたらー

世界に唯一の平凡サラリーマン「やすだ氏」の姿が現れる

かもしれないなと思って。これもまたブランディングだ^^

心を動かした言葉、今でも忘れられない言葉。
ネタ切れするまで少しづつブログに書き残していきたいと思います。なんでもやってみることが大事だ!


で、さっき風呂場で思い出した言葉って、実は、僕の父親の言葉です。

「おかん、おかん、って気易くこき使うなや!おかんは、俺の嫁やぞ。いい加減にせい」

→これ。僕忘れられないんです。家の食卓で晩御飯を食べてた時の会話なんです。母親がいる前で父親がこの言葉を言ったんですが、今思えば、父親が母親に向けて言った究極の愛情表現だったのではないかとー

今さら本人には聞きませんが(笑)



テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。