--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年05月01日 (金) | Edit |
今、これで頭がいっぱいなんです。
のめり込んでしまいそうな予感です。

行動分析学

なぜ、僕がこの「行動分析学」に興味が向いたのか?これも忘れないうちに棚卸ししておきたい。


***

首都圏で会社の採用活動をするのが今年で7年目。
今年は、2月に会社主催の東京会場でのセミナーに先輩社員として参加しました。

今年も「A学生は、リーダーシップを発揮している」「B学生は、控えめだがフォロワーでしっかり存在感がある」等、僕は、いつものごとく学生さんを評価。その日も後輩達は、あの子がどうだ、こうだと評価をし始める。

・・・が、ふとある事が気になったんです。

今年の僕は見る視点が違った?というのか、新たな切り口で学生を見れるようになったというのか。
今日出会ったばかりの学生達が寄せ集まってチームとなりグループワークするのだが、

「なぜこんなにもアウトプットに違いが出るのだろう」

と、急に不思議でならなくなった。

「この短時間で成果を上げるチームそうでないチームの差はどこから生まれるのだろうか・・・」

その違いは、何が原因で起こっているのか。
組み合わせか?個人のスキルの高さか?様々な憶測が頭の中を駆け巡る。

で、その答え、つまり、原因がわかれば、彼らのアウトプットや成果を飛躍的に伸ばせるのではないのか。

と・・・
それどころか、会社組織の生産性向上はもちろんのこと、その枠にとらわれることなく、将来自分が目指す到達点までの道のりで役に立つのではないかと思ったわけです。

若手中心であるこの採用活動も軌道にのり、いよいよ最前線から離れる時が来たなと思いながら今年が最後だと心していた僕にとって、この気づき「着想」は、棚ぼたの収穫かもしれません。

***

そんな「着想」が僕をある専門分野に引き込もうとしています。

それが

行動分析学

なんです。

---
「人間や人間以外の動物が行う行動にはそれをさせる原因があり、行動分析学はその原因を解明し、行動に関する法則を見出そうとする科学である」
---



入門書を手にしたばかりのビギナーですが、僕は、この分野を自分の強みにしたいと考えています。

「人にはどんな行動原理が働いているのか」
「行動に対する反応次第で結果が変わる」
 

などなど。自然に自分の興味レベルが最高点に達している感覚があります。ようやく、自分の得意分野となり得るものを見つけた気分です。

ですが!どこまでこの分野での専門性を高められるだろうか・・・


こうやってブログで宣言していながらも不安で、知識浅もあり未知ですが、志として自分の市場価値をこの分野を軸として今後のパーソナリティを形成していくつもりです。

自分の生い立ちを振り返り自分が日々、感覚的に無意識に振舞った行動の集積が今の自分を形成しているわけであり、この分野を深く学ぶことで人間形成に関する因果関係を解明したい。これは、自分を知ることでもあり、また・・・

これからの未来を創造する子供達の人間形成にも大いに役立つ

はずだと考えています。





スポンサーサイト
テーマ:自己啓発
ジャンル:ビジネス
2009年03月21日 (土) | Edit |
この間、ワールドビジネスサテライトか何かで特集していました。
あるビジネスについて。

子供が描く独創的な絵を人形にするビジネス

少子化が進む一方で、子供一人にかける出費を増やす傾向は、こういったニッチなビジネスにも現れているんでしょうね。


なぜ、この特集を思い出したかというと・・・

息子が始めて僕の似顔絵を描いてくれたからです。

嬉しくて嬉しくて>v<
今まで○とかギザギザとかしか描けなかった息子がいつの間にか。。。

「目~、鼻~、くぅちぃ~」とか、言いながら(^^)


男の子より女の子の方が絵を描くのが上手で、男の子は描き始めも女の子と比べ遅い傾向にあるとも一般的に言われいるようです。で、「うちの息子はいつになったら絵が上達するかな~」と気にはなってたんです。


初めてのパパの顔


この絵を見て、「パパっ^^」って言ってくれます。
ちなみに、右上の小さい顔が自分だそうです。


子供の成長を見ているのは本当に癒しになりますね。。。

この癒しを形にするビジネスが成り立つ理由がわかる気がします。
2009年02月16日 (月) | Edit |
僕が人とコミュニケーションをとる際に、心がけていることの1つに・・・
 
エンターテイン:人を楽しませるということ。笑いの要素を取り入れること。
というのがあるんです。

その効果は絶大!!相手に虚勢させたり、余計な壁を作らせたりして、コミュニケーションの妨げになる弊害を予め取っ払う効果をもっていると思っています。
俗にいう「つかみ」というものでしょうか。

僕は、東京生活丸7年が経とうとしていますが、生まれも育ちも奈良。仕事中は、標準語ですが、やはりコテコテの関西人なんです。そのせいもあってなぜか「お笑い」には、変なポリシーというか負けん気があります(笑)

そんな僕が「コボちゃん」のある4コママンガと出会いました。

「この4コマのオチがわかる?」

って。友から見せられたんです。
「4コママンガぁ~楽勝でしょ(笑)」 「・・・」



「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「・・・^^;」

***

これは、松本人志のFMラジオ「松本人志の放送室」 でネタになったらしく・・・

松本人志 「一回見た時は 『?』 って思ったんやけど、2回見て『あ~、(納得の意味で)分かりにくっ!』って思って一緒にいた山下(しげのり)とほっしゃん。に見せたら、二人とも分からんかってん」と。
松本はその4コマをコピーしていろんな芸人仲間に見せたらしいのだがー
●意味が分かった人
松本人志(ダウンタウン)、今田耕司、宮迫博之(雨上がり決死隊)、木村祐一、遠藤章造(ココリコ)

●意味がわからなかった人
藤原光博(リットン調査団)、山崎邦正、山下しげのり(ジャリズム)、蛍原徹(雨上がり決死隊)、ほっしゃん。(元チュッパチャップス)、田中直樹(ココリコ)、高須光聖(放送作家)

松本が言うには・・・

「分からない奴は正直、グズグズな奴やんか。これがひょっとして売れる売れへんの境界線なんじゃないか・・・、と思うわけよ」と。

***

僕・・・わかりました。3回目で^^;
その時に居合わせた10人近くの仲間のそのほとんどが最後まで自力でオチがわからないようでした。別にわからないからって笑いのレベルがどうだってはかるものではないのはわかっているのですが、やっぱりわからないのは気持ちが悪そうでしたよ^^

皆さんどうですか?いい息抜きになりましたか???

テーマ:思ったこと・感じたこと
ジャンル:日記
2008年12月15日 (月) | Edit |

「安く買うこと」です。

5年前に購入したデジタルカメラがいよいよ子供の手で最後の一撃を受け、くたばってしまったので新しい製品を家電量販店で買うことにしました。

僕には、家電量販店で物を物色する際の前提があります。
「表示価格を信用していない」
これです。これ、別に僕が関西出身のコテコテの関西人だからっていうわけではないのです^^;ちゃんとした理由があるんです。

家電製品は、やはり何か故障などがあった時の迅速な対応のことも考え、基本的に僕は家のそばのコ○マ電気さんで家電製品を買うようにしているんです。今まで何を買ったかな・・・
・加湿器
・ガスストーブ
・デジタルハイビジョンテレビ
・ヘルシオ(ウォーターオーブン)等々


で!これらの製品を・・・
「新聞広告の特価も含む店頭表示価格で買ったことがないんです。」

つまり、
家電量販店のちらしや店頭表示価格ってなんだ!?
ってわけですよ。表示価格で買うのがバカらしくなってるんです。

そんなこんなで値引き交渉を経験するうちにだんだんコツがわかってきて^^

他の店の価格帯も知らない人が突然、「とりあえず値引きしろ」なんて言ったら100%交渉決裂します。また、「予算がいくらなんです」っていう人もいますが店からしたら「知らんこっちゃない」わけで。


***

購入したい家そばの家電量販店で、ずばり僕が行う値引き交渉パターンは、

①他の店の安い価格の言質をとり、競争させる
「Aという家電量販店で○○円で売ってたんですけど、コ○マさんよりAの方が安いということですか」とまずは聞きます。この時、「Aより安く買えないのですか」とは聞いて値引きを間接的に要求するつまり客がお願いしているという立場になってはいけないことがポイント。あくまでも店がどう出てくるかを見守るんです。
ほとんどがこれで成功します。

②複数の製品購入を前提で、店に販売価格をお勉強させる
「この製品はいくらで買えますか」とまず聞きます。その後続けて「あれとこれとをまとめ買いしたいので、これが安く買えれば、他の製品全てもコ○マさんで買わせていただこうかと・・・」話します。ポイントは、この製品の値引きに応じなければ、他の製品までも他の店で購入されてしまうのではと説明員に暗示をかけるように話すんです。これも結構使えます。 

③対応不備やクレーム対応の際の誠意として
これも、別に僕がクレーマーをしているわけではありません^^店が起こしてしまった対応不備やクレームの事実は消しようがないですが、客としては謝罪の言葉はもちろん、納得させてほしいんです。「納得感」がほしいんです。また、誠意を見せてほしいんだけなんです。それがわかりやすいのが「値引き」なわけです。去年は、15,000円するクーラーの清掃代がタダになったり、テレビ台が配送当日指定のものと違うものが届き、代金半額にしてもらったりとこれに遭遇すれば、店はほぼ対応してくれます。

①なんかは、ビジネスの世界では、基本中の基本である「相見積」「あいみつ」って呼ばれる方法ですね。要するに、購入先を数社選び、価格を競争させるという至ってシンプルな競争原理です。威力抜群です。

で今日は、お目当てのデジカメの他店販売価格を一切持たずに店に行ったので交渉材料がなく困り、おそらくコ○マさんより安い店頭価格を設定されていそうなビッグカメラ○○店の電話番号を携帯で調べ、即行電話し、お目当てのデジカメの店頭価格を確認。さらにポイント還元で次回以降使えるポイント金額を確認してその金額を店頭価格から差し引き、コ○マさんの販売価格より安い金額情報を入手して交渉に挑みました。
結果、たった5分の通話で価格情報を入手し、それを元にコ○マさんの店頭販売価格から3,000円を値引きしてもらいました。

この教訓から

「世の中、情報を持つもの持たざるもので大きな差を生むこと」

を身をもって痛感します。



テーマ:電化製品
ジャンル:ライフ
2008年12月08日 (月) | Edit |
最近・・・ ふと、気が付いた。

自分を取り巻く様々な環境で、人に「頼られている」という実感があることに・・・

周りが変化したのではない。自分が変わっていったから、今その結果が少しづつ現れているのだと思うようになった。では、具体的に何が変わったの・・・?態度?役職?言葉遣い?何??? 
僕の中で変わったものと言えば、

「心」、「マインド」

なんです。きっと・・・

言葉や態度、その人の様々な表情にも「心」が宿っているんです。その「心」が周りに伝播した時に、はじめて目に見える変化が起こるんじゃないだろうか。

お笑い芸人の田村氏の著書「ホームレス中学生」で、僕が唯一折り目を入れたページがありました。そこには、こんな言葉があったからです。

「思いやりの行動はいつか必ず良い結果を生み出すだろう。」

と。そこには、自分の損得勘定ではなく、相手を助けてあげたいという真心という動機が存在する。そして、その結果、「感謝」という気持ちが何かに化けて自分のところに返ってくる。

そのサイクルを一度、経験するとその満足感・達成感は、自分の体に染み付いて離れない。

自分という存在が「人に頼られる」のなら、できる限りのことをしてあげたくなる。自然と。。


***

最近、会社で僕は新しいミッションを特命されたようだ。しかも、金融不安や景気後退など騒がれるようなこんな時に、無謀にも

「新たに利益を創出する仕組みを構築せよ」

・・・ステータス、役職なんてくその役に立たない。雇用者のやらされ感を捨て、本当に自分が「どれだけのキャッシュを生みだせるか」に真剣に挑戦する。申し訳ないが、これは会社のためにではなく、

自分のためになのである。

僕の父親は自営業者で、全盛期の時は、年間2000万円を一人で稼ぐ男。その裏には、想像を絶するような過酷な労働環境・・・夏は蒸し風呂のようなうだる暑さ、冬は冷蔵庫のような極寒に耐えなければならない町工場。話相手もほとんどなく一人孤独に黙々と子供4人家族6人を想いながら、男の意地で「やすだ」という看板でやってきた尊敬する父親がいる。

それに比べれば、僕なんて恵まれたもんだ・・・会社の看板があり、夏は涼しく、冬は暖かいオフィスで仕事。
まーちょっと全て任されてやろうじゃないか。結果はどうであれ、自分は何を生み出せる人間なのか。真価が問われているのだろう・・・




テーマ:思ったこと・感じたこと
ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。